旅とギャンブルがお好きですか?

オンラインカジノプレイはベラジョンで!

旅行が大好きで、オンラインでのギャンブルは物足りないと思われるのであれば、実店舗のカジノに足を運んで、その魅力を満喫されるとよいでしょう。実店舗カジノでのプレイは、カジノ愛好家の方にとって素晴らしいギャンブル体験となるはずです。カジノにただ訪れるだけでなく、その周辺にある名所を訪れることもでき、わくわくするような旅行となるでしょう。

この記事では、冒険と見所にあふれ、オンラインギャンブルよりも充実したギャンブル体験を味わうことができる世界の旅行先をご紹介します。

ラスベガス(アメリカ、ネバダ州)

カジノと言えば、世界最多の70件のカジノが集まる人気のギャンブルスポット、ラスベガスが最も有名です。ラスベガス・ストリップは、世界最高のカジノが集結する全長約4マイルのエリアで、訪れる人々を驚かせてやまない街として知られています。「ベガスで起きたことはベガスに残る(旅の恥はかき捨て)」という有名な言葉があるのもそのためです。

マカオ(中国)

マカオはカジノ、ギャンブルにおいて非常に人気が高まっている街で、最近では、「世界のギャンブルの首都」と呼ばれているほどです。マカオには、640台のゲームテーブル、1760台のスロットマシンを備えた376万平方フィートの広さを誇る世界最大のカジノフロアを持つ、「ザ・ベネチアン・マカオ」があります。スポーツベッティング関しては、マカオスロットという10箇所の直販店でしか購入することができないサッカーとバスケットボールくじに限られているため、種類がやや不足しているといえるでしょう。

アトランティックシティ(アメリカ、ニュージャージー州)

ガーデンステートと称されるニュージャージーは、ギャンブルの復興に力を入れ出してまだ間もないため、カジノ業界での人気はそれほどではありません。閉鎖されていたカジノの営業が再開され、カジノブームをもたらしています。ニュージャージー州のアトランティックシティは、2015年に世界のギャンブルスポットとして名を挙げました。

リノ(アメリカ・ネバダ州)

ネバダ州のギャンブルスポットはラスベガスだけではありません。「世界最大の小都市」と呼ばれるリノにもカジノが多く、ギャンブルや冒険を楽しむことができます。有名なのは、「エルドラド・リゾート・カジノ」と「ペッパーミル・リゾート・スパ・カジノ」です。タホー湖とその周辺は観光客が多く、人気の名所です。また、大半のカジノではスポーツベッティングが提供されており、ブラックジャックのテーブルからスポーツベッティングに簡単に移動することができて、便利です。

アルバ

アルバの2大カジノといえば、「ザ・クリスタルカジノ」や「コパカバーナ、ザ・カサブランカ」です。アルバはその白くて美しい砂浜やエキゾチックな建物から「カリブ海のラスベガス」とも呼ばれています。

モンテカルロ(モナコ)

モンテカルロはヨーロッパのギャンブル天国で、賑やかで豪華絢爛な場所が苦手なギャンブル愛好家のお気に入りの街です。1セントから賭けることができますが、スポーツベッティングは認められていません。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *