消費税引き上げに伴う弊社対応に関するご案内

いつもFLORALSHOPをご利用頂きまして誠にありがとうございます。
令和元年10月から消費税8%から10%への改定に伴う、弊社の対応をご案内いたします。。
内容をご確認頂き、ご理解とご協力を賜りますようお願い致します。

下記の日時を過ぎたご注文は新税率(10%)が適用となります。


ネットショップからご注文の場合、9月30日23時59分確定
FAXからご注文の場合、9月30日18時00分確定
※なるべくネットショップからご注文をお願いいたします。

生花ではなくどうしてシルクフラワー(造花)なの?

美しく創りあげられたウェディングブーケ。本当にきれいでつい見とれてしまいます。
生花で作られたものは結婚式が終われば、しおれて茶色くなり、枯れて捨てられます。
扱いによっては式の最中にしおれたり、花が折れたりするなんてことも!
生花のやわらかさや生きている感じは本当に素敵ですが、そのあとを思うと少し悲しくなります。
その点シルクフラワーはしおれる心配がなく、その美しさを長い間保ってくれます。
生花より安っぽい?なんてことはありません。当店で扱うシルクフラワーはフラワーデザイナーが自ら厳選して、満足いくもののみを使っています。製作技術も優れています。
またちょっとお値段が、、、と思っても挙式、披露宴だけでなく、2次会や前撮りにまで使えることを考えるとお財布にもやさしい。終わったあとは新居を飾るインテリアにもなってくれます。
手元に早く届くことで、実際のドレスとあわせてみたりもできますね。生花のように季節を気にすることなく花の種類を選べるのは、シルクフラワー(造花)ならではです。
花や葉の汁や花粉で大切な花嫁のドレスを汚すこともありません。ウェルカムボードを日のあたる場所やエアコンの噴出し口の近くにおいても、花がしおれることもありません。
友人に幸せのおすそ分けをするにも、最も美しい状態のまま枯れることもありません。
こんなすばらしい特性をもつシルクフラワーをおすすめします。

FLORALSHOPのウェディングブーケの特徴

デザイン

一見矛盾すると思われる繊細さと力強さが共存しているデザインです。
色使いの細やかさ、花のデティールやウェディングブーケ・ウェルカムボードの形にこだわりながらも、その作り手の自信が力強さとなって表れています。

ワイヤリング

花や葉が美しく映える最小単位で、一つずつワイヤリングして作っています。ワイヤリングというのは、ウェディングブーケを作る際に使われる専用の針金で花や葉、茎を補正、補強の為に人工的な茎を作ることです。
細やかにワイヤリングすることで、より繊細な仕上がりになります。また、生花より1、2段階も太いワイヤーを使うのでより丈夫に仕上がります。

しっかりした作り

ウェディングブーケを一つ作るために、100本以上のさまざまな太さのワイヤーを使用しています。またフローラテープも薄く巻いてあるために持ち手がゴテゴテしていません。フラワー装飾技能士のワイヤリングの技術は高く、しっかりと巻かれ、しっかりと固定されています。