ウェディングブーケの由来

花嫁の幸せに添えられるウェディングブーケ。
その由来についてはいろいろな説があります
その昔、ヨーロッパでは男性がプロポーズをする時に野の花を束ね花束(ブーケ)にして贈り、愛する女性に結婚を申し込んだといいます。
そしてその結婚の申し出を受けるしるしに、女性は花束から一輪を抜き取り(ブートニア)男性の胸ポケットにそっと差し込みました。
そんなウェディングブーケは2人のプロポーズのエピソードの象徴ともいえます。
とてもロマンティックですね。
またウェディングブーケには大切な花嫁を邪悪なものから守るとも言われます。

ウエディングブーケといえばまず白い色を思い浮かべる方も多いでしょう。
”白”という色には純潔、邪悪をはねのけるというイメージがあり、シンボルとして愛されています。
これはキリスト教が広まるゴシック時代に、花を宗教的な思想と結びつけて考えることからきているといいます。
チューリップは祈りを表し、白いユリ貞節と繁栄のシンボルです。

また、日本のウエディングブーケ始まりは戦後のことです。
1965年辺りから結婚式の洋風化に伴いブーケを持つようになりました。
ドレスにはウェディングブーケがなくては締まらないですね。


幸せの象徴ともいえるウエディングブーケ。
あなたの一生でもっとも輝く日に似合う、素敵なウェディングブーケを選んでください。




FLORALSHOP InformationBox
情報チェック!
ウェディングブーケの作り方
  • 安心する形・花の配置
  • 作り方 part1
  • 作り方 part2
  • 材料
  • ウェディングブーケのいろいろ
  • 用語集
  • お手入れ方法
  • インテリアに
  • 髪飾りのつけ方